うまくいく健康方法

歯周病とロキソニン

いたたた、、、これは歯周病かな?正月の時期に、硬いものを食べ過ぎたのか?いやいや歯周病とは違うのか?歯茎の周りが痛い、いたいの!!食後になると、奥歯がチクチクと痛くなる。耐えられないことはないのですが、夜眠れないことも・・・うんなことで、痛みを和らげるためにロキソニンですね。

こういった時に、うまく活用しなくてはと思い、利用しています。ロキソニンは炎症を沈めて、腫れや痛みなどの症状を抑える効果があります。私はあくまでも歯周病などの、歯茎の痛みがあるのですが、ロキソニンの場合は、頭痛や腰の痛みなど、神経に関連する痛みを緩和してくれる効果があるそうです。成分であるプロスタグランジンが作用することで、一時的ですが、合成酵素の痛みを抑制するために、今までの痛みが緩和される。

余り服用を続けることで、さらに痛みが強くなると言われているために、歯の痛みで悩んでいる場合は廃車で診てもらうことが一番ですね。薬の服用も、毎日は余り進められていないので。

[PR]



by uirnnp | 2015-01-31 15:38

血液の循環、健康的な体づくり
by uirnnp
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索